読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何者かになるまでの

音楽、アニメ、演劇。

UDONとうどん

UDONをみてうどんを食べたくなりました。明日食べようと思います。

風と靴紐

なにか思いついたのだけれど忘れた。 風、好きだけど苦手だ。都会っ子なので風を浴びすぎると体温調節ができなくて具合が悪くなり最悪死に至る。よかった大草原の小さな家に生まれなくて。 とくにエアコンの風が苦手。でも風鈴は好き。 こたつのなかで寝ると…

演出とcabs

久々に昼まで寝る。 深夜に寝てお昼に起きるなら、宵の口に寝れば早朝に起きられのではと思う。これを机上の空論といいます。 稽古に行く。稽古後脚演と話す。 芝居で一番楽しいのはこの、劇をどうすればよりおもしろい方向に行くか話し合っている瞬間だと思…

ねじと新書

研究室を片付ける。 この2日で2億個くらいのねじを見た。 延々とねじとナットとワッシャーを大きさ順に仕分けする様はまさに底辺バイト。東南アジアの労働者もかくやとばかりの単純作業だった。 まあでも整理とか結構好きだからアレなんだけど。自室とか整理…

図書館とローソファ

久々に図書館に行く。本を借りる。 バイト先と図書館が目と鼻の先なの素晴らしい。 本が読みたいときに読める生活を人は幸せと呼ぶ。 本に映像に音楽に演劇に。やりたいこと、見たいもの、行きたいところはたくさんある。美術館に行きたいし、科学館にも行き…

デモと魔法

先輩の出演している演劇を見に行った。 そのあとヤーシブをぶらぶら。ニット的な何かかガーディガン的な何かを買おうかと思ったが結局何も買わなかった。服を定価で買うビジョンが未だ見えない。 渋谷は警察であふれていた。なんでも建国記念日を反対するデ…

伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」を読んだ。

伊藤計劃「虐殺器官」読了。ハーモニーに続いて連続で伊藤計劃の本を読んだのだけれど、彼の本は最後の10ページのために全てを組み立てていく感じだね。テレビアニメ枠ではなく劇場アニメ枠だな。然り。どっちかというと虐殺器官の方がすっきりしていておも…

先輩とめんどくさい

修論飲み!修士のみなさんお疲れさまでした。卒業おめでとうございます。いい飲み会だった。お金たくさん飛んだけど。あらゆる人の人間関係が次々と白日の下に晒されてゆく感じだった。すごく笑のスタンスとかが合う先輩がいて絶対この人と仲良くなれるなと…

外とサッカー

ここに来てブログ力の低下...!(寝る前の更新を二日連続で忘れる)まあいいや最近GIANT KILLINGを読み返している。おもしろい。完全に通訳日記からの流れなんだけど。ひとりひとりにスポット当てればいくらでもかけるなこれ。すげえ。一選手へのクローズで…

美容院でどんどん嘘を積み重ねていってしまう問題について

美容院で美容師さんと話している時にどんどん嘘を塗り固めていってしまうことあるよね。すげえ些細なことからでかいことまで。あの感じはなんなんだろうな。まずはじめの「今日はこのあとなにかされるんですか?」の質問に「ええ」って答えるじゃん。嘘じゃ…

お好み焼きとホコリ

本当に寒い一日だった。寒いと仮死状態になってしまう。東北の方の人とか寒いのにがんばっててすごい。おれだったら冬眠してしまう。でもいろいろ楽しかったのでイーブン。お昼のおそば美味しかった。夕飯にお好み焼き作って食べようと思ったけど家に帰って…

雪となまはげ

雪が降る降るいって降らない日。ありがとう。ちょっと降ったけどね、まさにニガツイツカユキ、というかんじで。 今日はすごく部屋を片付けた。大量の本。どうしよう。 伊藤計劃「ハーモニー」読了。次から次へと舞台が変わるのいいね。でもこれタグ部分とか…

ベイマックスを見た。

ベイマックスを見た。何も思考を必要としないお手本のような王道脚本。もはや正の要素のパッチワーク。ついでにかわいいおば。でも本当に作家性的なものが薄まりに薄まっていて衝撃的だった。初めのロボバトルのシーン好き。やってほしいことはきちんとやら…

余裕と1月

自由だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 卒研発表余裕だった。結局おれ真面目なんだよねなんだかんだ? いやー1月カネ全然使わなかったな。2月たくさん使おう。 伊藤計劃の『虐殺器官』『ハーモニー』購入。 伊藤計劃は円城塔の流れで知って屍者の帝…

自由と新譜

明日卒研発表だ...!自信しかない。ぶっ殺す。明日終われば...自由だ...!!!!!!ピープル新譜「Calm Society」発売決定!久々に残響shopいってかお。幸せ。

「ダンジョン飯」「魔法使いの嫁」「だがしかし」「乙嫁語り」を読んだ。

2月のはじまり。よろしく2月。アホ寒かったね今日。いろいろ漫画を読んだ。ので。九井諒子「ダンジョン飯」ようやく購入。1/27初版で30日第2版ってすげーな。売り切れ続出緊急重版決定!って話題作りかな。でもまあおもしろかったから良い。九井諒子の短編は…

11時と夢

11時台に学校から帰ってこれると早いと感じる体になってしまった。 先輩からのスライドへのコメントに萌えられる体になってしまった。 あとすこしだ、あとすこし。 スライド作成の間間に「通訳日記」を読んでいる。おもしろい。 セブンの冷凍食品美味しいし…

キムチととんかつ

確実に終わりに向けて動き出している。あと少し、あと少しだ。今日は早く帰ってきてキムチ炒めを作った。うまかった。とんかつDJアゲ太郎、毎週とても楽しみにしている。

パワポとマンガ

卒論提出ァ!明日はパワポだ!!パワポという概念作ったやつ滅びてくれ!!!!!!後輩に今年のおすすめマンガランキング作ってって言われて気づいたけど今年全然新作発掘してない...明後日あたりやろう。できるかな。

納豆と5月

深夜に食う納豆は最高だぜ...!!納豆餅だけど。餅は何気に鍋よりフライパンで茹でたほうが早い。関係ないけど餅の賞味期限、2013年5月だった。おいしかった。このあいだひと月前に期限がきた納豆は食べたけどおいしくなかったのにね。パックの差かな。酸っ…

徹夜と卒論

卒論とりあえず書き終わった。あとは教授の添削受けて修正するのみ。本文60 Pくらいになった。数字と単位の間は半角スペース。参考文献の相互参照上付き文字。フィギュアの統一。書式。疲れた。おやすみなさい。

嫌儲から政治禁止板「ニュース速報F(フロンティア)」ができるまでの流れ

ここまでの流れ 最近嫌儲がウヨサヨうるさい、アベアベうるさい ↓アベの動向にとくに興味ない大多数イライラ ↓Jimが海外のノリに乗じて1/25に嫌儲の名前欄を「I am not Abe」に変える「I am not Abe」運動が世界各地で広がる [転載禁止]©2ch.net [8…

睡眠と早起き

卒論の意欲はあれど時間なし。早起きできる人間に生まれたかった。人間が早起きに向いてないのかおれが早起きに向いてないのかどっちなんだ?早起きできても眠かったら意味ないんだよ!!早く寝ればいいのか!!そうか!!解決!!

ゆず屋の中の人の書体研究本「ろごたいぷっ!」購入

ゆず屋の中の人が書いた「ろごたいぷっ!」がAmazonから届いた! ゆず屋は昔から好きでRSSにいれてたんだけど、最近更新してないなあと思ってたら本出すみたいだったので即予約決めた先日。 おもしろい(・∀・) 内容もすごく綺麗にまとまっていてフォント同士…

春ぽっぽと踊って

寒すぎて死ぬかと思った。昼は暖かかったのにね。春ぽっぽ。 朝早く起きてちょっと働くとお金が入るのなんだか現代の錬金術という感じがする。関係ないけど、この3年間フィルタを洗っても洗っても消えなかったエアコンの「フィルタ交換」ランプが昨日突然消…

「つばき」というバンドについて

最近はつばきばっか聞いてる。 つばきは中学生の頃知り、僕はとても好きなのだけれどなかなかブレイクせず、そうこうしていたらボーカルの一色さんが脳腫瘍で入院し、しばらく活動休止していたのだけれど、昨年帰ってきたバンドだ。 つばきはとくに「PORTRAI…

はまることとほうれん草

昔から、あるひとつの食材にアホほどハマって、突然飽きて違う食材に移る、ということを繰り返している。浪人のときは三ツ矢サイダーの飴を常備するとともに、シーフードカップヌードルを毎日のように食べていた。大学の初めの頃は生協のクッキーを買いだめ…

村上春樹がベストセラーになることについて

久しぶりに本を読んだ。 本を読む行為が久しぶりなことに悲しむ。中高の頃は毎日読んでたのに。 「世界から猫が消えたなら」という本を図書館で読了。40分ほど。つまらなかった。 村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を借り、先ほど読み…

ところてんと卒論

1辺10cmの立方体をイメージしてください。その立方体の4つの側面には親指ほどの孔が空いています。今この孔のひとつから1020mLのところてんを流し込みます。当然、20mlほど別の孔からはみ出してしまいます。はみ出たところてんを手で押し込みます。また別の…

ワンピースと知識

社員「暮れのワンピースのチョッパーのやつ見た?」 おれ「?見てないっすね、やってたんですか」 社員「うん、でも最近のワンピースあんまりおもしろくねえなあ」 おれ「あー、わかります、ちょっと色々平行して起こりすぎですよね」 社員「エネル編の時が…

壁ドンとアジカン

先輩と飲んだ。何も考えずに色々頼んで美味しかった。そのあと友達の家に行って飲んでたら壁ドンされた。レオパレスの壁の薄さによるもの。楽しい飲み会だった。アジカンのライブにいきたい。最近行ってない。最近のアジカン、叙情的でも激情的でもないテン…

マーケティングの天才SEKAI NO OWARIのニューアルバム「Tree」について

もともと僕はどちらかというとセカオワのアンチであった。 前からロキノンの山崎洋一郎編集長が彼らを絶賛しているのが不思議でならなかった。なぜくるりの「THE PIER」の魅力をあんな端的に的を射たレビューを書くことができる山崎さんが、彼らをひたすらに…

クレイジーサイコレズアニメであるところの桜Trick

ユリ熊嵐第二話よくわかんなかったね。にしてもユリ熊見たあとの桜Trickは最高だな!桜トリのOPのめくるめくキチガイ加減は本当にすごいな。なにひとつわからん。内容もひとつひとつの脈絡がなくて最高にロックだし。キスへの流れが自然に不自然すぎる。EDも…

幸せについて

幸せの総量にはきっと上限値があって、それは別に悲しいことではなくて、楽しかったことが楽しかったなら、他の楽しかったであろうことに参加できなかったことを悔やみ、自身の楽しかったことを減らす必要はないのだ。たとえシェルターでピープルが子供たち…

People in the box 「Wall, Window」「聖者たち」 release tour ファイナル @ Zepp DiverCity に行った

今日は待ちに待ったピープルのライブだった。 いやあ、、、待ちに待ったぜェ・・・。4月の中野以来だから、、、大変だった。 スタジオライブの動画見たりして耐えてたものね。 HELLO WORLD 夏フェス【People In The Box】 ① - YouTube ということで待ちに待…

ユリ熊嵐第一話と「おもしろい」ということ、「おもしろくない」ということ

幾原邦彦監督最新作の「ユリ熊嵐」と作品批評について。 『ユリ熊嵐』 暗喩的表現を多用してシンプルなテーマを壮大に描く、ウテナ・ピングドラムの正当後継作 - ニュース速報(嫌儲) 「おもしろかった」「安定の1話切り」「精神的に快感を覚える 」「開始3…

においと新年会

今日は散財の日。諸々購入。最近においの重要さに気づきつつある。女の子はいいにおいがする。悪いにおいは害悪だ。もしかしたらにおいはこの世を牛耳る鍵なのかもしれないと少し思う。デジタルでにおいを売れるようになればIT文明は次フェーズに移行するだ…

何者にもなれないお前たちに告げる

何者かになりたいとずっと思っている。何度も何度も何度も思う。何者かというものがなんなのか、有名になれればいいのかそんなことはもうわからない。ただ透明なままで終わりたくないという強い気持ちがある。何者かに、何者かに、何者かに。世の中にありふ…

欲と自意識

就職が決まった友人たちと飲む機会が多い。 年収1300万だの日本一のバイヤーだの未来への希望に満ち溢れている感に当てられている。 そしてこれから彼らはほぼ一年間の最高のモラトリアム突入だ。うらやましすぎる。 対してこちらはここから(おそらく)3年…

春か、かなた

寺山修司の「書を捨てよ、町へ出よう」を読んでイライラしているところなのだけれど、こういうやつらが隆盛を誇った時代に生まれてこなくてとても良かったと思う。 こういう分かったようなことを書いて自分に酔ってるオヤジどもよくブログとかで見るけど。 …

事始め

3,4年間ほどブログを書かない生活を送ってみたが書きたいときに書けないというのは1年に一度くらいとても困る時があると気づいたので書き始めることとする。 といっても別にどうせ書きたい時なんて殆ど無いし暇な時も殆ど無いだろうからあまり生活が変わるこ…