何者かになるまでの

音楽、アニメ、演劇。

「おとぎ話x踊ってばかりの国」@渋谷WWW に行った

http://pbs.twimg.com/media/CdvLclZUYAAnFh9.jpg

最っ高!スーパーハッピーでピースフルなライブだった。

こんな多幸感に溢れたライブそうそうない。

 

踊ってばかりの国は前ドラムの佐藤さんラストだった全感覚祭ぶり。坂本さん編成は初見だったけれど、米騒動好きだったのでそんなに心配などはしていなかった。

それにしても下津は本当に楽しそうに歌う。やっぱり楽しいという気持ちは伝染するよな。楽しい人と一緒に楽しい音楽聞いてればそりゃどんどん楽しくなる。

踊ってのライブはいつ行っても最高なのはやっぱり人も音楽も雰囲気も底抜けにハッピーだからなんだろうな。酒もあるし。

途中でふと確信したことがあって、それはやはり下津はロックスターだということだった。

この時代がロックスターを求めているかどうかは知らないけれど。間違いなく下津はロックスターだ。

スターはエゴイスティックなものだし、そして音楽の本当に面白いところは音楽の良さと信条はリンクしないというところだと思う。(僕は下津のTwitterは圧倒的に合わなかった)

関係ないけれどギターの林君も弾き方とか相当ナルシストっぽいけどめちゃくちゃ好みな感じの雰囲気だ。ベースは踊っての良心。ドラムはオシャレ。

 

おとぎ話ははじめて。というかカルチャークラブでぶち殺されたのでそれまで名前くらいしか知らなかった。

有馬さんは下津と違ってロックスターという感じではなくて、それこそ男の子だな、と思った。まあここらへんは似たようなことを彼らもインタビューで語ってたし、やっぱりそういう内面なんだろう。ねもしゅーのおとぎ話観に行かなかったことを後悔し続ける。

そして驚いたのはドラムが超パワフルでかっこいい!理系メガネって感じなのに!

カルチャークラブ主軸でとてもありがたかった。「少年」は本当に良い曲だな。そしてそれを横で酒飲みながら聞いてる踊ってメンバーという光景最高すぎだった。

あとやっぱりおとぎ話は少年って感じなんだけれど、それを聞いて体を揺らしてる女の人はつまりほぼ聖母だな、と思った。

 

両バンドとも「世界が見たい」と「COSMOS」というアンセムを持っているの本当に奇跡的なことだよ。

 

そして最後は踊って×おとぎ話8人編成でのセッション!これがもう言葉に出来ないくらい素晴らしかった。これがハッピーだ!って感じ。そして下津はやっぱりお酒がよく似合う。

「唄の命」終わった後、メンバーが「やべえクソ楽しい」って言ってたけど多分それはあの箱の総意だったと思う。

楽しすぎたので本当はこのあとやるという神戸に追っていきたいくらい。

 

ツアー限定コンピも素晴らしい。踊っての「トルコブルー」は勿論だけれど、両方のカバーが原曲の良さを残したまま、きちんと色を出していて、どっちも原曲よりいいんじゃないかという感じだ。

今日は1日中ずっと流している。いい週末だった。